鍵交換後でも故障リスクを最小限に~鍵を長持ちさせる手入れ方法~

鍵不調の原因を解明!使用前に施したいこと 鍵不調の原因を解明!使用前に施したいこと

物置の鍵を正常に保つための対策

物置に設置している鍵は、サビ・塵・ゴミの影響で開けにくくなるケースがあります。無理に開けて鍵を故障させてしまわないために、物置の取り扱いに注意しましょう。こちらでは、物置メーカーが推奨する手入れ方法を説明します。

物置メーカーが教える物置の適切な手入れ方法

物置に傷がついた場合はどういった対応を行なえば良いですか?
傷がついてしまったら、サビが発生しやすいので、早めに塗料で補修しましょう。もし、サビが既に発生しているなら、サンドペーパーでサビを十分に落としてから、塗料を塗るのが望ましいです。
錠の動きが悪くなった時の対処法を教えてください
錠の動きが鈍くなったら、市販のシリンダー専用の潤滑剤か、鉛筆でも使用される黒鉛の粉を使ってお手入れしましょう。ミシン油などを使用すると、錠の状態が著しく悪くなるので、黒鉛と潤滑剤のどちらかにした方が良いです。
鍵を保管する際はどういった点に注意する必要がありますか?
大抵の鍵は、2枚ついてくるので、1つは鍵の紛失対策でわかりやすい場所に保管しましょう。万が一、どちらかをなくしてしまったら、鍵に刻印されている番号を確認の上、販売店にお問い合わせしましょう。

物置の清掃や換気も大切

鍵穴にもゴミは溜まっていくため、詰まることもあるでしょう。物置の屋根や雨どいには、枯れ葉や塵が溜まりやすいので、定期的に掃除をしておいた方がいいです。そうすることで、鍵穴にゴミが入りにくくなります。また、物置内部の換気も定期的に行なうのも有効です。内部の空気も良くなるのと、扉にかかる負担も軽減されます。

カギ

鍵交換を行なった後、定期的にメンテナンスを行なえば、鍵も壊れにくくなるのです。また、スペアキーの管理もきちんと行なえば、紛失トラブルで物置が開けられないといった事態も防げます。健全に物置を使い続けるために、鍵の管理は徹底しましょう。

TOPボタン