物置の鍵劣化原因を把握~鍵交換などで故障リスク最小限化~

鍵不調の原因を解明!使用前に施したいこと 鍵不調の原因を解明!使用前に施したいこと

一般家庭で頻発している鍵トラブル

鍵

窃盗犯から大切な資産を守るためには、住宅や物置などに鍵を設置するのが望ましいです。しかし、紛失や破損によって鍵が利用できないトラブルに見舞われてしまいます。トラブル回避のために、日頃使用する鍵を重点的に管理しましょう。

一般家庭で発生しやすい鍵トラブルの種類

  • 自宅の鍵を何処かに落としてしまった
  • インロックが発生して車やバイクの鍵が車内から取り出せなくなった
  • 鍵が壊れてしまい物置を開けられなくなった
  • 金庫の鍵を解除するための暗証番号を忘れてしまった
  • いたずらのせいで自転車の鍵が壊れてしまった

金庫や物置といった設備は鍵の紛失や破損が発生しやすい

紛失トラブルを起こしやすい鍵は、玄関用の鍵と思われがちです。しかし、意外とトラブルが多いのが物置・タンス・金庫などの使用頻度が低い鍵です。頻繁に使わないため、必要になった時に鍵の保管場所わからなくなってしまったり、劣化で破損したりすることが多いでしょう。

自力で鍵を解除するとトラブルの悪化を招くことも

自分の力でなんとか開けようとしても、扉を歪めてしまうので、あまりおすすめできません。無駄に修理費用を支払う羽目に見舞われないために、開錠作業・シリンダー錠の交換を専門のプロにお任せしましょう。

鍵交換という事態を防ぐために~物置で起こるトラブル原因と予防法~

一般の住宅には、屋外に物置や倉庫設置しているところが多いです。屋外という環境上、破損リスクが他よりも高めなので、使用する場合は鍵の取り扱いに細心の注意を払いましょう。こちらでは、鍵のトラブル原因について紹介します。

物置で鍵トラブルが発生してしまう原因

鍵の経年劣化
野外で人目につきにくい箇所に設置する物置は、経年劣化の症状が著しく現れます。雨風に晒されてしまい、鍵穴に埃や雨水が入り込んで錆びつかせます。物置の鍵は、野外に設置する特性上、経年劣化が進みやすい鍵の代表格です。
中に保存した荷物の影響で鍵が開かなくなってしまう
物置の鍵の劣化は、内部に保管している荷物によってもたらされます。積み重ねた物品が崩れてしまうと、扉内部から圧迫してしまいます。崩れた荷物の圧が原因で、鍵に大きな負担がかかってしまうでしょう。
扉の歪みによる影響で鍵に不調が発生する
扉にたわみが生じている状態で施錠する場合も、鍵に多大な負担をかけてしまいます。物置の容量以上の物品を収納した後に、扉を押しながら鍵を回す行為は鍵が破損しやすくなり、開かずの物置と化してしまうのです。

メンテナンスで鍵トラブルの発生を予防

鍵穴修理

物置の鍵穴に溜まった埃や塵は、クリーニングを行なえば正常な状態に戻せます。掃除機で汚れを吸い取り、鍵穴専用潤滑剤を使ってクリーニングをすれば、スムーズに施錠と解錠できます。そうすることで、力任せに施錠と解錠をしなくて済み、鍵の破損リスクを最小限にできます。

使用頻度が低い物置の鍵は、破損トラブルが発生しやすいです。もし、普段使わない物置を開けるなら、事前にメンテナンスを施しましょう。鍵破損を未然に防げ、「開かずの物置」と化すリスクが少なくなります。

TOPボタン